諦めるのはまだ早い!就職活動を有利に勧めるコツ

大学中退での就職先探しは不利なのか、有利なのか?
どちらなのかと聞かれれば、やはり不利なのが現実です。

 

残念ながら、書類審査で学歴を見て判断してしまう企業は少なからずあります。大学中退となると、卒業出来なかったと見られるので、中途半端な人物と評価されてしまいがちです。大学中退=高卒になってしまい、おまけに高校新卒でもないので、就職の新卒募集採用にも無理があります。正社員の会社へ行った方が良いのはもちろんなのですが、中退がマイナスになることは間違いありません。

 

しかし、大学中退はずっと付いて来るので、気にしても仕方ありません。

 

大事なのは、いかにして、学歴に負けないくらいに就職活動を有利に進めるかです。

 

20代だからこそ、転職支援サービスを味方に!

 

大学中退後、フリーターやニートになって正社員の就職から遠ざかってしまうと、なんとも苦しい生活になってしまいます。大学中退者に対する社会の反応は冷たく、実際、正社員就職ができるのか不安になります。

 

しかし、そういった就職活動中の20代をサポートしてくれる転職エージェントがあります。

 

例えば、「ハタラクティブ」という20代をメインとして転職支援サービスでは、大学中退者でも正社員就職ができるよう、賢い就職活動のやり方を教えてくれます。仕事内容など就職活動における疑問点も解決してくれます。

 

ハタラクティブは、大学中退向けの求人の中からぴったりの仕事を紹介してくれます。履歴書の書き方や面接のコツなどもサポートしてくれるので、就活の成功を大きくサポートしてくれます。

 

また、転職支援サービスには1つしか登録してはいけない、というような決まりはありません。
少しでも早く、より自分に合った就職先を見つけるためにも、複数の就職支援サービスに登録して就活するというのも1つの方法です。